子産み島~週7で産めるメスたち~ あらすじ ネタバレ

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第3話 何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能 あらすじ・ネタバレ

子産み島~週7で産めるメスたち~ 第3話 何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能 あらすじ・ネタバレ

あまりの気持ちよさに、思わずへたり込んだこのみちゃんの目の前に、俺は、完全勃起した25センチの巨根をさらす。このみちゃんは、言葉通りチ〇コに「釘付け」になっていた。目はうっとりとし、顔を赤らめ、息遣いは荒く…チ〇コを眺めているだけで、子宮が降りてくる音さえする…。身体全体から、チ〇コが好きで好きでたまらない!ということが伝わってくる…!!

このみちゃんは、そのまま無言のまま自然と舌を出し、俺のチ〇コへと近づき、下から舐め上げた。たったそれだけで、その舌の長さとヨダレの多さに驚いた…!!亀頭をカプっと咥えられてからは、その気持ちよさに思わずうなった…!!そのままじゅぶぶぶ…じゅぼぼぼ…と、奥まで何度も往復してくれる。ヨダレが多いのと、よく締まる頬、絡みつく舌…。全てがむちゃくちゃ気持ちいい…!そして、驚いたことに、俺の25センチの巨根を、このみちゃんはついに根元まで「ガポン!」と咥えこんでしまったのだ…。多分、いや間違いなく喉を通り越している。苦しいはずだろうに…。そこまでして俺を気持ちよくさせてくれるのか…!!?こ、これが、何も言われずチ○ポへ奉仕する家系の本能!?

しかも、こんなに奥まで咥えこんでいるのに、全然歯が当たらない。ぷりっぷりの唇が肉棒をきゅっと締め付けて、チ〇コが…溶けてなくなりそうなくらい、気持ちいい…!!!

フェラでイったことのない俺が…こんな…離島の少女に…。少女のディープスロートで…!!!ごめん、このみちゃん!もう…で、でるっ…!!!!!俺は思わずこのみちゃんの頭を押さえ込み、チ〇コをこのみちゃんの喉深くまで突き刺して、食道に直接精子をぶっかけた…!

このみちゃんは苦しいはずだろうに…喉は常に精子をゴクゴクと飲み下し、チ〇コを奥へ奥へと誘う動きを見せる。狭い…!締め付けられる…!まるで精子を吸い取るオナホのように…!!このみちゃんを気遣う気持ちはあるのに、気持ち良すぎて力が緩められず、俺は止まらない精子をこのみちゃんの喉の奥に精子をぶっかけ続けた。

このみちゃんは、こんなひどい凌辱にも関わらず、身体をビクビクさせて潮を吹いてイっていた…。そして言った。「お願いします。私と…セックスしてください…。」と。

 

画像をタッチ無料サンプルを読む/

登録不要無料試し読み▲